未分類

用途別によって加工機は変えるの?選び方をまとめました

用途別加工機の選び方

レーザー加工を施したいと考えた際に、どういう素材と加工方法に対して、どのような加工機を使えばいいのかというのは分かりにくいですよね。

そこで今回は、用途別に加工機の選び方を解説します。レーザー加工をやってみたいけど、そもそも用途によって加工機を選ぶ必要があるのか疑問に思っている方は、是非このまま読み進めて下さい。

用途によって加工機は変えるべき?

用途によって加工機は変えるべきです。どんな素材に加工を施したいのかという事と、加工機の出力がどれほどなのかによって最適な加工機は違ってきます。

加工方法には、レーザー彫刻、レーザー加工、微細加工などがあります。加工する素材の種類としては、木、アクリル、ガラス、ゴム、金属、樹脂、シリコン等があります。

用途別の加工機の選び方

用途によって、最適の加工機は違ってきます。用途別の加工機の選び方を下記にまとめました。

ここに記載する機械は、執筆当時のものです。時間が経てば、最新の商品が出るかもしれないので、最新の情報をチェックする事が大切です。

レーザー彫刻を行いたい場合

木やアクリル等にレーザー彫刻の加工を施したい場合は、120ワットまでのCO2レーザーで加工するのがいいでしょう。zing16のような加工機を使用しましょう。

zing16は、エントリーモデルながら基本的な機能を備えているので入門機としておすすめです。

金属にレーザーでマーキングをを行いたい場合は、100ワットまでのファイバーレーザーで出力出来る加工機を使うといいでしょう。Mark Boyは、価格も安く持ち運びにも向いているので移動する機械が多い方におすすめです。

レーザーカットを行いたい場合

レーザーカットは、ファイバーレーザーを1000キロワットほどの出力で使いますLCF0120 fiber laserは、薄い金属でもカット出来ます。

まとめ

今回は、用途別に加工機の選び方を解説しました。加工機は、どんな素材に加工を施したいのかという事と、どんな加工を施したいのかという事を踏まえて選択しましょう。

加工機械の種類についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。

加工機械とは?種類や特徴を解説します工作をしたいと思った時に、加工するのに様々な方法がある事に気が付きます。 たとえば、アクセサリーを作成して販売したいと考えた時に、...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です