未分類

鉄板加工は個人でもできる?種類や加工法について解説

鉄板加工

鉄板を加工するのって、なんだかハードルが高そうですよね。鉄を加工するのなんて、個人には出来そうにないと感じていらっしゃる方もおられるかもしれません。

今回は、鉄板を加工する方法についてお伝えします。個人で加工する方法についてもお伝えしますので、是非最後までご覧下さい。

鉄板は個人でも加工出来る?

鉄板は個人でも簡単な加工なら出来ます。本格的な加工をするとなると、工場で作業に慣れている職人さんにやってもらう方がいい場合もあります。

鉄板の種類

鉄板にはどのような種類があるのでしょうか。下記にまとめました。

SS400(一般構造用圧延鋼板)

個人でも比較的取り扱いやすいと言われているのがSS400です。鉄板にも硬さがあり、SS400は柔らかい部類に入ります。

SPHC(熱間圧延鋼板)

電子機器にも使われるSPHC。カットしやすく、個人でも取り扱いやすいです。

SPCC(冷間圧延綱板)

SPCCは、曲げやすいという特徴があり、使用される頻度の高い鉄板です。

鉄板を加工する方法

鉄板を加工する方法を下記にまとめました。

個人で鉄板を加工する方法

個人で鉄板を加工する場合は、5ミリ未満の鉄板を選びましょう。一歩間違えば大怪我に繋がる加工機械を取り扱う事になりますので細心の注意をはらいましょう。

高速カッター、バンドソー、ディスクグラインダー等を使って加工する事になります。

工場に依頼する

個人では加工出来ないような鉄板は、工場に依頼する事が出来ます。本格的なCO2レーザーを使った加工機やプレス機等、工場ならではの加工機の品揃えと職人さんの技術で鉄板を加工してもらえるので安心感があります。

まとめ

今回は、鉄板を加工する方法についてお伝えしました。鉄板は個人でも加工出来ますし、本格的な加工が必要な場合は工場にお願いする事も出来ます。

鉄板の種類や加工方法を理解する事で、どこまでが個人で可能なのか、どこから工場に依頼すべきなのかという事が見えてきます。

加工機械の種類をこちらの記事にまとめていますので、詳しく知りたい方は参考にしてみてください。

加工機械とは?種類や特徴を解説します工作をしたいと思った時に、加工するのに様々な方法がある事に気が付きます。 たとえば、アクセサリーを作成して販売したいと考えた時に、...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です